日向の日常

稼ぐ気のないブログ。フロントエンドエンジニアになりたい文系アラサー。自分がエンジニアになる為にしたことは転職活動に記します。アニメ・アイドル・サッカー観戦・旅行が好きです。

たまこラブストーリーとかいうピュア過ぎる作品を見たので話したい

どうも、日向夏です。

 

ここ最近、たまこまーけっとたまこラブストーリーを見ておりました。

たまこまーけっとを見た方が分かりやすいけど単体でも分かるっちゃあ分かるかなって作品でした。

ちょっと色々思うところがあったので書きたいと思います。

 

 

作品について

けいおん!や涼宮ハルヒの憂鬱で知られる京都アニメーションが手掛けてるオリジナルアニメです。

けいおん!スタッフが名を連なっているだけあって絵柄はけいおん!よりです。

たまこまーけっとは主人公で餅屋の娘たまことデラ・モチマッヅイという謎の喋れる鳥が出会い、うさぎ山商店街と学校を舞台に展開していく日常系アニメです。

そしてたまこのお店『たまや』の向かい側には、餅屋『大路屋』があります。その大路屋の息子のもち蔵とたまこの恋愛模様を描いた作品がたまこラブストーリーなのです。

 

tamakomarket.com

 

tamakolovestory.com

 

 

主な登場人物(※個人的な意見です)

・北白川 たまこ

主人公でありヒロイン。

餅屋『たまや』の娘。

白い大きな玉のヘアゴムで二つ結びをしている。

実はコンタクトでオフの時は丸眼鏡をしている。(可愛い)

おっとりした喋り方でとっても鈍感。

バトン部に所属している。

鈍感が故にもち蔵の気持ちもみどりちゃんの気持ちにも気づいていない。

お餅が大好きでお餅のことを考えると周りが見えなくなる。

おっぱい餅とかお尻餅とか真剣に考えちゃう思考の持ち主。

 

・大路 もち蔵

餅屋『大路屋』の息子。

向かいに住んでいるたまこのことが好き。

見た目はピアスに茶髪とチャラいついてるがヘタレである。

映画研究会に所属している。

その為かパソコンにたまこの移ったファイルを沢山持っている。

たまこの事が好きで周りにばれる程分かりやすいがたまこには伝わらない。

どれだけたまこを愛しても三分の一すら伝わらない。

今回勇気を出して想いを伝えるがたまこに避けれらてしまう。

うさぎ山商店街を出て、東京に行き本格的に映像の勉強をしたいと思っている。

 

・常盤 みどり

男の子からも女の子からもモテる女の子。

たまことは小4からずっと一緒にいる親友。

たまこが好き。

自分の気持ちに気づいてはいるが、同じくたまこが好きなもち蔵の想いも気づいている。

バトン部部長。運動神経が良くちゃきちゃきしている姉御肌。

たまこに「好き」と言われ照れちゃう場面がある。(可愛い)

なんだかんだもち蔵とたまこの事を見守り手助けしちゃうイケメン。

花男でいう花沢類ポジション。

 

 

感想

高校三年生という今後進路をどうしていくか選択しなければいけない時期を描いていました。

たまこはこのままずっと変わらない関係を望んでいたのに、突如もち蔵に告白されて混乱してしまうところ愛おしいですね。

告白されたあとカチカチになって逃げちゃうところたまこらしいというかなんというか。

河原で告白していたんですがいいですねえ…青春ですねえ…。

周りにバレバレやで、君ら。

告白された後めっちゃめっちゃ意識しまくり避けまくりで気まずい感じがむず痒い!!!

部活ではバトンをうまくキャッチ出来ないし、もち蔵との糸電話のやり取りでもうまくキャッチできないし、もち蔵の気持ちもうまく答えることが出来ないたまこ。

その前にこいつらお向かい同士で二階に住んでるから、お互いの部屋から窓開けて糸電話でやり取りしてるんですよ??かわいいかよ?!?!?!

「〇〇です。どうぞ」とかやり取りしてる高校生なんなの…かわいい……。

でも最後の最後に自分の気持ちを整理してもち蔵の気持ちに返答しようと決めたたまこ。

それも昔から使っている糸電話を持って。糸電話を持っていくんですよ。

もち蔵が新幹線で東京へ行くと言われ急いで追いかけて、新幹線のホームでもち蔵に糸電話を投げて自分の気持ちを伝えるんですが、まあまあ…。

年々歳取ると涙腺弱くなりすぎて思わず泣いてしまいました笑

最後のもち蔵のリアクションも含めて可愛いかよ、お前ら。

とっても初々しい気持ちになれる作品でした…。本当に。

幼馴染尊いよな…幼馴染好きだな…。

 

ということで気になる方は是非見てみてください。

ではでは。

 

 

映画「たまこラブストーリー」【TBSオンデマンド】

映画「たまこラブストーリー」【TBSオンデマンド】

  • 発売日: 2015/01/05
  • メディア: Prime Video